--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-12-05

徳島県商工会青年部連合会 リーダー研修会

12月3日(木)、標記の事業に講師として招聘され、徳島市まで
赴きました。かねて東洋史を研究してきた私が、山口市内に
おいて「論語塾」なるカルチャースクールの如きものを開講して、
論語全編を読破する取り組みを実践しているという経緯があって、
そのことを聞知された徳島県青連の北島会長から、
徳島の青年部員に、資質向上の勉強会の一環として、是非話を
してほしいとの要望に応えた形となります。

前半は、同志社大学法学部の村田教授の国際情勢分析、
スケデュールの都合上、後半私の部は1時間の枠ですが、

東洋思想の大潮流「儒教」の源を探る 論語と孔子のABC

と、題目は、あえて大上段に銘打ちました。

概要を繋いだダイジェスト版という講演になりましたが、
時空を数千年遡った上、脱線も多いストーリー展開にも関らず、
皆様こちらに視線を向けられ、熱心にお聴きになっていました。

ともすれば、効率一辺倒に傾き、実利至上とも評される厳しい
世相の直中、これから多方面の舞台で活躍されるリーダー達
にとって、知性を磨き、教養を会得することが、指導者として
どれほどの重要性を帯びているかという点に、大方の共感を
頂けたようで、望外の悦びでした。

徳島県青連の若き志士各位、大層お世話になりました。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。